LINE通信やお問い合わせはこちら

~マーケのプロがコッソリ教える差がつくバイマ戦略~

BUYMA外注化費用が不安に感じる人に伝えたい成功への思考術

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
カリフォルニア在住の現役バイマプレミアムパーソナルショッパー。 誰もが知る”あの高級5つ星ホテル"のマーケティング経歴とMBAを活かし、アメリカで起業。 動物保護団体へのサポート支援を目標に、バイマで『最高月利280万円』『メンズ売り上げ第1位』、『3年連続月利100万円以上』の記録を継続中!。 会社員を卒業し、「今いる場所で実現したい自分にたどり着く」ため、自分の人生を自分でコントロールするアメリカ的BOSSライフスタイルを実行中。 Twitterアカウント➡https://twitter.com/Ai_BuymaBoss

 

こんにちは。カリフォルニア在住の元高級5つ星ホテルマーケター、AIです。

 

前回は、【失敗しない外注化を進めるための事前準備・外注化ステップ0】という

外注化を成功させるための大切な準備についてお話ししました。

 

 

外注化を始める準備はいかがですか?

 

頭では分かっているけれど、まだ躊躇してしまう・・・・。

いつかは始めなくてはと思いながら、時間が過ぎていってしまう・・・・。

 

外注化の必要性は分かっていても、最初の一歩を踏み出せずにいるショッパーさんが多くいらっしゃるのが現実です。

 

そういう私も外注化を始めなくてはと、頭では分かっていながら色々と考えすぎてしまい、外注化を先延ばししてしまった一人です。今思えば、時間をムダにしてしまいました。

 

 

外注化を始めるタイミングが、今後バイマでのあなたの成長を大きく左右する

大切なターニングポイントになります。

そしてそのタイミングは早ければ早いほど、バイマの売り上げを伸ばすきっかけに繋がります。

 

今回は、なぜ私が外注化を早くお勧めするのか?
外注化のタイミングの重要性について考えていきたいと思います。

 

 

外注化を躊躇してしまう不安な気持ち

 

外注化は始めたいと思うけど、もう少し後からにしようかな・・・

シバコ

シバコ、外注化のタイミングを迷っているのね。今すぐ始めない理由はなに? 

AI

外注スタッフさんに報酬を払うほど売り上げがないから、もう少し利益がでてからの方がいいかな・・・

シバコ

なるほどね。気持ちは分かるけれど、外注化はすぐにでも始めたほうがいいわね。
利益が出てからゆっくり、と思っていると売上はなかなか上がらないわよ。

AI

 

外注化の大切さはよく分かっているけれど、躊躇してしまう。

バイマである程度稼げるようになってから、外注化をしよう。

 

躊躇してしまう理由は、報酬の支払いへの不安が圧倒的です。

 

バイマを始めたばかりの頃は、売上も安定してないため報酬の支払いに不安を感じる方が多いかと思います。

 

実際に、外注化をあれやこれやと先延ばしにしていた私も当時はまさしくその気持ちでした。

外注スタッフさんに報酬を支払い、自分の収入も確保できるほど売り上げを上げ続けられるのか?

 

時間を無駄にしてしまった私の経験から、あなたには何をさておいても外注化を今すぐ始めていただきたい、と背中を押したい気持ちです。

 

 

外注スタッフ報酬は売り上げアップのための大切な初期投資!

 

 

報酬支払い = 自己資金 = 赤字・・・・

 

売上が出ていない段階では、外注スタッフさんの報酬の支払いが心配になり躊躇しがちになります。

 

例えば、ショップを始める時、まだ開店前で売上げがない状態でも開店資金が必要になります。
Cafeであれば、開店直後でお客様がまばらな状態、売上も未知数・・・
それでも、スタッフを採用し、お店を運営する必要があります。バイマもこれと発想は同じです。

 

 

バイマは無在庫で始められるため、参入障壁が低いビジネスモデルです。

 

 

しかし、私がバイマを始めた2012年とは様変わりし、競争が激化しているのが現在のバイマです。

2019年現在、自分一人の力で生き残ることが困難になってきています。

 

「外注スタッフの報酬」という僅かな投資をすることで売り上げが上がるまでの道のりを早めることが可能になります。

 

外注化スタッフさんの力を借りて、チームを築くことで売り上げをパワーアップさせていくことができます。

 

外注スタッフさんの報酬は、バイマで売り上げをあげるための最強の必要経費と考えて、是非外注化を一歩進めてみてください。

 

 

外注化なくして、バイマで生き残ることは困難

 

 

外注化の早期導入をお勧めしている私ですが、外注化には奥手でした。

 

私がバイマを始めた2012年ごろは、ショッパー1人で300品ほど出品をする程度でも、そこそこの売り上げを出すことができました。
画像も今のバイマのレベルを考えると空恐ろしいほど素人感満載の出品ページでも受注が入る市場でした。

 

BUYMAでは売り方のトレンドが周期的に変わる傾向があります。

 

次第に大量出品をするショッパーさんが多くなり、300品程度ではアクセスが上がらず、私の出品は埋もれていく一方です。

 

画像加工技術もあがり、Photoshop (フォトショップ)を使いクオリティーの高い画像が出品ページにあふれ、素人がつくった画像は見向きもされず、アクセスが下がっていきました。

 

アクセスが上がらない = お客様にみていただけない

当然、売上も減少していきました。

 

 

 

「外注化、募集したりトレーニングしたりする時間もないし・・・」

「売上が落ちているのに報酬を払えるのかな・・」

 

迷いを吹きとばすほどの売上減を目の当たりにし、できない言い訳を考えるのをやめて出品担当スタッフさん探しを開始。

 

思い腰を上げ外注化に足を進めた結果、出品数が上がり、それに伴って徐々に売上げがV字回復してきました。

 

あの時の安堵の気持ちは今も忘れられません。

 

現在のバイマのTOP100以内にいるパーソナルショッパーさんの出品数を一度チェックしてみてください。
60%以上の方の出品数は、3000件以上となっています。

 

始めない理由だけを探して、あの時外注化を始めていなければ、出品数が伸びず、売れない苦労を日々味わい、落胆し、バイマをすでにやめてしまっていたと思います。

 

現在の私は、約10名の外注スタッフさんとチームを作り仕事をしています。
このサポートがあるからこそ、バイマを始めて7年、メンズカテゴリー売上1位の経験を経て、現在まで100万円以上の月利を継続的に上げています。

 

あの時、不安を感じながらも外注化を決断したからこそ、現在もBUYMAでプレミアムパーソナルショッパーとして立ち続けていられるのだと思います。

 

 

せっかく始めたバイマ。
あなたも一緒にショッパーとして結果を得ていただきたいです。

バイマはまだまだ稼げる市場です。
その為には、なにを差し置いても今すぐ外注化に取り組んでください。

 

 

まとめ:外注化のタイミングが今後の売り上げを左右する

 

 

2019年のバイマ市場では、3000~5000件の大量出品をするショッパーさんが主流となりTOP100位を占めています。

 

このトレンドに自分ひとりの力で立ち向かうことは厳しいと言わざるを得ません。

 

待っていても外注化の最高のタイミングはやってきません。

外注化を躊躇するか、今すぐ始めるか。

これが今後のBUYMAの売り上げを大きく左右します。

 

いつか時期がきたら、もう少し売り上げがあがったら、来年から、と先延ばしにしていても、その時は永遠にやってきません。

 

利益が出るようになってからでは、稼げるショッパーへの道は遠く一方です。

バイマで安定して稼ぐ道筋を作るために、なにを置いてもまずは外注化に着手してください。

 

私のように考えすぎて時間をロスしないように、今すぐ準備を進めていきましょう。

外注化を考え出した今が、まさにそのタイミングです。

 

 

 

バイマプレミアムパーソナルショッパー Ai の公式LINE

BUYMA分析最新情報やコンサルティング募集案内をブログより早くお送りします。

登録特典プレゼント中

プレミアムショッパーのAIが実際に使用している「BUYMAアカウント分析シート」と「解説ビデオ」を無料で配布

・アカウント分析シートと解説ビデオ
・最新情報
・コンサル募集案内

バイマの売上アップに役立つ情報満載です。是非ご登録ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
カリフォルニア在住の現役バイマプレミアムパーソナルショッパー。 誰もが知る”あの高級5つ星ホテル"のマーケティング経歴とMBAを活かし、アメリカで起業。 動物保護団体へのサポート支援を目標に、バイマで『最高月利280万円』『メンズ売り上げ第1位』、『3年連続月利100万円以上』の記録を継続中!。 会社員を卒業し、「今いる場所で実現したい自分にたどり着く」ため、自分の人生を自分でコントロールするアメリカ的BOSSライフスタイルを実行中。 Twitterアカウント➡https://twitter.com/Ai_BuymaBoss

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© The Boss Life in California , 2019 All Rights Reserved.